前へ
次へ

大学入試の対策はいつから行うべきか

多くの人が入学試験を初めて経験するのは中学卒業前の高校受験でしょう。
最近は中高一貫校への受験を小学校卒業前に経験する人も増えてきましたがそれでも数は少ないでしょう。
高校に進学すれば3年後には大学進学などが待っていて、人によっては既に志望校を決めている人もいれば、大学はおろか専門学校に行くのか就職するのかなどもはっきり決まっていない人もいます。
大学に入学するには大学入試で合格する必要があり、それなりに対策もしないといけません。
では志望校の大学入試に合格するのにいつ頃から対策を行うべきかです。
答えとしてはできるだけ早くになるでしょう。
高校受験の時は中三の初めごろから始める人が多く同じように大学受験も高三の初めからの人もいます。
ただ難関大学などだと1年で合格までの学力をつけるのは難しく、もっと前からコツコツ勉強した方が良いかもしれません。
大学のレベルにこだわらないならいつから始めてもいいですが、難関大学なら高校に入学したときからしっかり対策した方が良いでしょう。

Page Top