前へ
次へ

大学入試の勉強は場所を変えるのもひとつ

大学入試に向けて自宅で週末など休みの日は、最低でも8時間は勉強をしていましたが、10時間以上勉強をすることもありました。
起きてすぐに勉強を始められるのが、自宅の自室での勉強の良いところです。
1日を通してフルに集中できればいいのですが、いくら大学入試のためとは言え、人間の集中力はいつかは途絶えます。
さらに感じたのは、同じ場所でずっと勉強をするよりも、1日のうちで勉強をする場所を変えた方が、結果的に集中で着たり続くということでした。
自室は快適ですがその反面で、好きな書籍やゲームもあって、つい流されそうになります。
早朝や夜は自室での勉強は良いですが、その場所でずっとだと誘惑も多いですし、何となく気が散るため、休日の日中はあえて外へ出ました。
例えば午前中は図書館で勉強をして、午後になったらファミレスで勉強をすると言った具合です。
飲食店は若干の出費はありますが、お小遣いの範囲で支払いができますし、勉強をする環境を、1日の中で変えたほうがインプットもできました。

Page Top